ヘンデルピアノの修理

ヘンデルという名のピアノの修理です。かなり古いアップライトピアノです。
日本製です。

鍵盤のふたの長丁番をはずし、ペーパーをかけました。上から塗装するための準備です。

上前板も、同じようにペーパーをかけて、塗装の準備をしました。

真ちゅう製の長丁番も、コンパウンドをつけて、たんねんにみがきました。

白鍵は象牙です。黄色く変色しています。それはとりあえずそのままにして、全体を雑巾でふいて、きれいにしました。鍵盤の横側は手垢でくろずんでいます。それもごしごしこすって落としました。

 

 

ピアノの鍵盤の手入れ

ピアノの鍵盤をきれいにしました。

小型のピアノです。

直接指に触れるところなので、きれいにしておかなければなりません。

また、古くなるとどうしても汚れがついています。

白いプラスチックの部分は、白いコンパウンドで磨き上げました。

コラージュ

コラージュをしました。いつもとちがい、3人で1枚をつくりました。

かいても、はってもいいことにしましたが、ほとんどはるばかりでした。

一人がなにかをして、それから次の人というぐあいに、すすめていきました。

なかなか楽しいひと時でした。

古いフォークギターの修理

古いフォークギターの修理をしました。

表一面に、切手のような大きさのシールが貼ってあったので、まずそれをはがさなければなりませんでした。その時の写真はとりわすれていました。

ドライヤーであたためながら、気長にはがしていきました。
接着剤の跡は、コンパウンドでとりました。

しかし、シールのあったところと無かったところとで、少し色が違いうので、
細かいサンドペーパーで表面を磨いてみました。
なんとか、うまくいったようです。

最後に、シケラックニスをぬって、仕上げとしました。

また、糸巻(ペグ)がさびていたので、これもコンパウンドで磨きました。

ピアノのふたの修理

ピアノのふたの、塗装にたくさんの割れがはいっています。外側からの傷ではなく、なんらかの理由で、内側から割れてきています。

 

細かなサンドペーパーで、表面の塗膜をていねいに、けずり落としました。

このあと、色を調整して、透明の塗料を吹き付けます。しかしその作業は、ここではできないので、今井がピアノ技研に持ち帰てやります。

 

野菜のはんばい

水曜日は、宝塚市役所で野菜を売ります。お昼休みをはさんだ、前後の時間帯です。市役所の駐車場のある階のロビーです。

三田市香下で、無農薬で栽培をしておられる、清水さんから仕入れています。とてもおいしい野菜です。

野菜を売ることで、呼びかけること、話しかけること、合計やおつりの計算、感謝の気持ちを伝えることなどを、学びます。

ETERNA エテルナピアノの修理 2

エテルナピアノの、アクションの修理にとりかかりました。

長く使って、変形したハンマーを、サンドペーパーでけずって、もとの形にもどします。

こうすることにより、音のつぶがそろうのです。いきなり、本物のピアノの部品を、このようにさわるのですから、緊張します。

ETERNA エテルナピアノの修理

ETERNA エテルナピアノの修理をしています。

ピアノのふたを、みがきました。コンパウンドで丹念にみがいて、ワックスをかけます。長年の汚れがとれて、さっぱりときれいになります。

けっこう力のいる仕事です。

コラージュ

ひさしぶりに、コラージュに取り組みました。
だいすきな自動車のカタログも手に入りました。
コラージュでは、気に入った写真や絵や・・・やら、雑誌などから切り取って、自由に紙に貼っていきます。よく考えてやっても、適当にいいかげんにやってもいいのだそうです。それなりに、楽しいものが出来上がります。

コラージュをやりはじめると、夢中になります。あっという間に時間がたちます。
手がのりでねちょねちょになります。

フランスのリードオルガン(ハルモニウム)の修理

フランスのリードオルガン(ハルモニウム)の修理をしました。
九州島原の教会からあずかったもので、むかしフランスから宣教師がもってきたのだそうです。
フランスのリードオルガンは、アメリカや日本のリードオルガンと構造がちがいます。区別して、フランス式のものをハルモニウムとよんでいます。
リードを鳴らすための空気は、日本やアメリカのリードオルガンでは掃除機のように吸い込式になっています。それに対し、ハルモニウムでは吹出式になっています。日本では珍しく、あまり見ることがありません。

外装もかなりいたんでいます。歴史を感じさせる、古さを残しながら、きれいにしたいということなので、どのようにしようかなと、考えました。
とりあえず試しに、液体のワックスをつけ、細かい目のスチールウールで磨いてみました。うまくいきそうです。

木がささくれたり、古いくぎがのこっていたりするので、けがをしないように、気を付けながら、作業をしました。