古いフォークギターの修理

古いフォークギターの修理をしました。

表一面に、切手のような大きさのシールが貼ってあったので、まずそれをはがさなければなりませんでした。その時の写真はとりわすれていました。

ドライヤーであたためながら、気長にはがしていきました。
接着剤の跡は、コンパウンドでとりました。

しかし、シールのあったところと無かったところとで、少し色が違いうので、
細かいサンドペーパーで表面を磨いてみました。
なんとか、うまくいったようです。

最後に、シケラックニスをぬって、仕上げとしました。

また、糸巻(ペグ)がさびていたので、これもコンパウンドで磨きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です